石田 菜々海 インタビュー

安定した守備やパスで
チームを勝利に導いていける選手に
2019.5.20
石田 菜々海 Nanami Ishida

健康医療スポーツ学部
医療スポーツ学科 アスリートコース 3年

サッカーを始めたきっかけはなんですか?

サッカーを始めたきっかけは、兄がサッカーをしていたからです。
兄の練習についていって、ボールを蹴らしてもらったり、練習場所の周りを父と一緒に走ったりしているうちに、サッカーが楽しくてやりたいと思うようになったのがきっかけです。

サッカーで「こんなふうになりたい!」目指すところはありますか?

チームを勝利に導いていける選手になりたいです。自分はDFなので、点を決めることは少ないのですが、安定した守備や、攻撃の起点になるパスを出してまわりの皆を安心させられる、チームにとって必要な存在になりたいと思っています。卒業後はなでしこリーグでサッカーをしたいという気持ちもあるので、だれが見てもうまいとか、強いとか、安定していると思われる選手を目指したいです。

今後の意気込みをお願いします。

昨年は、関カレ優勝を経験し、インカレ3位という結果でしたが、そこで満足せず今年はその結果を上回るように日々の練習から試合を意識して、負けた悔しさを忘れずに取り組んでいきたいと思います。関カレでは、一試合一試合確実に無失点で勝てるように体を張ったプレーでチームに貢献して、インカレに出場し、西が丘に帰ってきて今年こそは優勝できるように皆で切磋琢磨し合って頑張ります。

Interview

Member

Environment