千葉 ほのか インタビュー

日々の練習を大切に
悔いを残さず充実した1年に
2019.7.5
千葉 ほのか Honoka Chiba

健康医療スポーツ学部
医療スポーツ学科 アスリートコース 4年

サッカーを始めたきっかけはなんですか?

小さい頃から両親と一緒に、地元のJリーグクラブのベガルタ仙台の観戦に行っていたことがきっかけです。
はじめは同じ学校のスポーツ少年団に入っている子たちと放課後にサッカーをして遊んでいました。
そして、5年生の時に両親が地元近くの女子チームを見つけてくれて、本格的にサッカーを始めるようになりました。

サッカーで「こんなふうになりたい!」目指すところはありますか?

趣旨とは少し異なってしましますが、サッカーを続けていく上で、チーム内のことやプレーのことなど、様々な壁にぶつかってきました。その度に手を貸してくれる仲間がいること、指導してくださるスタッフの方々がいること。サッカーというスポーツをしていく中で、たくさんの人に出会い、学び、支えられ、パワーをもらってきました。なので今度は私がパワーを与えられる存在になり、誰かの笑顔の理由になるために、まずは自分自身が笑顔を忘れず、サッカーを楽しみたいともいます。

今後の意気込みをお願いします。

昨シーズン、チームとしても個人としても、悔しい思いをしてきました。今シーズンは、泣いても笑っても最後のシーズンです。そして日本一という目標を達成するために日々の練習を大切にしていくことはもちろん、個人としても悔いを残さず、充実した1年にしていきたいです。
そして、来年の1月にチーム全員、笑顔で優勝カップを掲げられるように頑張っていきます。
今後とも、女子サッカー部の応援をよろしくお願いいたします。

Interview

Member

Environment